2019年12月3日放送【じゅん散歩】では、岩手県花巻市の嘉司屋(かじや)が紹介されました。1904年(明治37年)創業の老舗店です。

花巻市の名物「わんこそば」ですが、わんこそば大会の元祖でもある嘉司屋。

この記事では、嘉司屋の場所・営業時間とわんこそばなどのメニューについてご紹介します。

嘉司屋の場所・営業時間について

・住所:岩手県花巻市東町2-19
・最寄駅:「花巻駅」徒歩18分
・営業時間:11:00〜15:00、17:00〜21:00
・定休日:水曜日

※営業時間・休業日は変更となる場合があるため、来店前にお問い合わせすることをオススメします。

わんこそばと値段について

嘉司屋では、花巻の名物「わんこそば」が食べられます。

値段は、以下のようになっています。

大人:3,500円
小学生:2,800円
幼児:1,700円

薬味は、以下の8種類となっています。(幼児は4種類)

  • なめこおろし
  • 筋子
  • マグロ漬け
  • いかの塩辛
  • ねぎ
  • のり
  • かつお節
  • もみじおろし

「わんこそば」というと大会で制限時間内でスピードを競うイメージがありますが、こちらでは制限時間はなくゆっくりと味わいながら楽しめます。また枚数制限もありません。

【じゅん散歩】によると、ちなみに嘉司屋で最も多く食べたというのが171杯。

かけそば1杯=わんこそば7杯分となるので、かけそば24.4杯分に相当します。そのため、100杯を超える人は年に何人もいないということです。

また、一人あたりの平均では、男性30杯、20杯程度だそうです。

【じゅん散歩】では、高田純次さんとプロデューサーさん、アシスタントプロデューサーさんの3名がわんこそばに挑戦。

高田純次さんは8杯。プロデューサーさんは21杯。アシスタントプロデューサーさん(女性)は32杯でした。

嘉司屋の公式サイト・SNSについて

嘉司屋は公式サイトとTwitterアカウントがあります。ただし、Twitterは更新されていないようなので、詳細を確認する場合は公式サイトをおすすめします。

公式サイト:https://www.wankosoba-kajiya.jp/

Twitter:https://twitter.com/kaji_mega