2019年7月10日放送【あさイチ】では、『得する牛肉の選び方』が紹介されました。

この記事では、食品加工会社勤務の五十嵐直樹さんによる、スーパーで牛肉を選ぶポイントを3つご紹介します。

牛もも肉の選び方

スーパーで牛もも肉を見ると、形が違うことに気づきます。その形は大きく分けると2種類。

  1. 高さがあって丸いもの
  2. 少し薄くて四角いもの

この2種類では柔らかさが違います。オススメなのは、「高さがあって丸いもの」です。

「高さがあって丸い」部分は、お尻側の内もも。「少し薄くて四角い」部分は、スネ側の内ももになっています。

そのため、お尻側の「高さがあって丸い」部分は、繊維が密できめ細かい特徴があります。対して、スネ側の「少し薄くて四角い」部分は、繊維が固く筋っぽくなっています。

つまり、牛もも肉をスーパーで購入するなら「高さがあって丸いもの」を選ぶことで、柔らかくて味が乗っているお肉を手にすることができます。

牛サーロインの選び方

牛サーロインの形は、大きく分けて2種類。

  1. 横幅が長いもの
  2. 縦幅が長いもの

サーロインを選ぶならオススメなのは、「縦幅が長いもの」です。

「縦幅が長いもの」は同じサーロインでも単価が高い。つまり、上質な部位に近い部分になります。

サーロインは、上質な部位となるリブロースの隣の部分。

そのリブロースに近い部分は、「縦幅が長いもの」のためです。対して「横幅が長いもの」はお尻に近い部分になります。

「縦幅が長いもの」は、濃厚で味がしっかりしているので、サーロインは「縦幅が長いもの」を選ぶようにしましょう。

国産牛を選ぶなら「交雑種」

国産牛は、「和牛」・「乳用種」・「交雑種」の3種類に分けられます。

その中でオススメなのが「交雑種」。

「混雑種」とは、「和牛」と「乳用種」をかけ合わせて生まれた牛で、味が良くてコスパも良いのがオススメの理由です。

しかしスーパーでは、「国産牛」としか表示されていないものが多いため、「和牛」・「乳用種」・「交雑種」のどれなのか分かりにくいです。

そこで確認する方法が、個体識別番号です。

個体識別番号は10ケタの数字で表示されています。これを家畜改良センターのホームページで10ケタを入力することで確認できます。

・家畜改良センター:http://www.nlbc.go.jp/